インドを訪れるにはインドビザが必要で、様々な種類があります。

代行を利用して効率良く作業を進めよう

入力をしてもらう

品質高いデータ入力なら代行利用が便利でお得

企業においては大量の紙媒体の情報を電子化してまとめる必要が生じるケースが多々あります。アンケートを実施した際に、そのデータを表にまとめたり、その解析を行うというものが典型的です。あるいは名刺や名簿などの情報を一覧にまとめるということも必要になります。こういった作業に時間単価の高い人材を割くのはコスト面であまり得策ではありません。 そこで役立つのがデータ入力代行サービスです。こういったデータ入力や集計作業を一手に引き受けてくれるものです。基本的に料金体系は従量制であって、量が多ければ多いほどコストはかかるものの、アルバイトを雇うよりも高い正確性と信頼性をもって仕事をやり遂げてもらえます。納期も早く、結果的に時間単価で考えるとアルバイトを雇うよりもデータ入力代行を依頼した方が安上がりになることすらあるのです。

アンケートの入力にかかる一般的費用

データ入力代行サービスを提供している企業は数が増加しつつあり、価格競争も繰り広げられている傾向にあります。しかし、料金体系として従量制をとっているのが一般的であり、データ入力代行として扱っているものも名刺やアンケート、名簿といったものが典型的です。 アンケートの場合を例にとると1項目あたり0.5円から2円程度が平均的な価格になっています。ただし、業者によって選択肢のタイプで料金が異なる場合が多く、二者択一と複数項目のもので料金設定が異なったり、自由記述では1文字あたり1円といった設定がなされていることがあります。また、集計についても依頼が可能であり、10000円程度が平均的な価格設定になっています。